元始洞十階〜二十階

唐突だけれども仙道の分際で、「妖怪を殺すたびに経験値だけではなく徳も積まれていく」設定には釈然としないものを感じる。ちなみに徳が積まれると町の食堂で食料をめぐんでもらえるようになる。
だってプリメ2なんかモンスター殺すたびに溜まってくのは業で、やりすぎると教会でお祓いしてもらわなきゃいけなかったんだぜ?
(ほかに較べる物がないからって鳩野さん……)

さてダンジョン十階での依頼は、楊戩を金鰲から連れ戻してくること。……こういう微妙なエピソードにオリキャラを介入されるのには、酢豚にパイナップルが入っていたような感情を掻き立てられなくもないんですけれども!ちなみに私はパイナップルはまだ容認できるが、何故かマンゴープリンみたいなものが入ってた時はバーミヤンの商品開発部を小一時間問い詰めたかったもので閑話休題。
しかしイベント時バトルの敵は手応えがあるのが嬉しいところだ。この頃既に元始洞の戦闘は、ほとんど主人公の一方的な虐殺となっているからな。
金鰲のダンジョンは開いた宝箱になまぐさが入っている率が妙に高い気がする……。たぶん気のせい。そしてうっかり通天教主の部屋を探し当ててしまう主人公。そこでは教主と楊戩の奥歯に物が挟まったかのような禅問答が。

「僕は人間です……」

名シーンを立ち聞きしてるなよ主人公。なんかやだこのマンゴープリンめ!いや単品ならマンゴープリンは大好物なんですけどね!!
そしてなぜか王天君戦。王子様呼ばわりイイヨイイヨー。

十五階。あんまり書くことがない。朝歌の地下に変なダンジョンがあるとかないとか…。武成王が反則的に強いのでこの頃常に一緒にいて、この時も来てもらったところ王魔との戦闘になった記憶があるよ。このバトルはパーティー組んでる相手によって対戦キャラが違かったらしいです。

二十階は蝉玉戦。やっぱりあんまり書くことがない。グラフィックが濃い顔になるのを期待して王子を連れて行きました。なりませんでした。

とにかくやってみる。

仙界伝 封神演義 WS 【ワンダースワン】
バンダイ

いわゆるダンジョンRPGといえば、一応プリンセスメーカー2でプレイしたことがある。
どこまでお約束から外れるのであろうかこの女は。
まあでもなんとかなるだろうと高を括って説明書も見ずにスタート。とにかくWSカラー本体もソフトも中古品、もはや怖いものなどないのです。

主人公は全60階建てのダンジョンを、5の倍数の階数もぐるごとに元始天尊からの依頼を受けることになる。また同時に勧誘できる仲間の数が増えたり、技を習得する機会が増えたりもする。
まず五階まで来たときの依頼は、姫昌から雷震子を預かってくること。
完全に悪の片棒じゃねーか。
しかしきっとやらなければ破門なのでしょう。そんなこっちの懊悩は露知らず主人公は豊邑へ。これが未来視のくるしみか。
屋敷で聞いたところ、姫昌様は秘密の釣り場にいらっしゃるそうである。
釣り場まではまたダンジョンである。姫昌様ここを子連れで通って行ったんですかすごいですね妖怪わんさか出てますよ…。子連れ狼と呼びたい。
そう、ここで探し当てた姫昌様は雷震子を連れて釣り中である。
会話は概要。
「あんたの子供たちのうち雷震子っていう子が仙人骨を持っているそうなので崑侖で預かりたい」
「……それは、その子にとっていいことなのだろうか?」
いやあんまり!!!
と言うこっちの叫びも知らずに選択肢は二つ出る。

>「もちろんだ!」
 「わからねえ」

 「もちろんだ!」
>「わからねえ」

いやわかってるよ……。わかってるけど……。
だって師匠はアレで改造されるわ親の死に目にも会えず兄にはカシの木呼ばわりで不憫すぎると思うな!
しかし姫昌様は納得してしまい、主人公は雷震子を拉致って崑侖山に戻りました。冥福を祈らせてくれ。
その後は宝貝探し兼仲間集め。この時点では三人仲間に出来ます。

太公望:邰という里で釣りをしているところをナンパする。イベント発生後仲間に…したはいいものの、いかんせん今は封神計画発動以前、宝貝を持ってないから連れて行っても泥酔拳しか技がない。使えないことこの上ないというか、どんだけ酔っ払いですか。
しかし顔のグラフィックはなんか大変可愛いので彼と一緒の時は「スースを守る旅」でいいよもう。主人公はなんかこの頃からバンバン強くなって元始洞の浅めの階層なら一人でもまったく問題ないし。

楊戩:槐里の畑の隅っこでぼけっと立っている。この後仲間にしてからも、迎えにいく度にぼけっと立っているんだが何をしているのか…。
メインイベント発生後、「捕まえてごらんなさーい☆」的サブイベント(殴りたい)を経て仲間に。最初から三尖刀と哮天犬を持っているので大変使いやすい。
顔のグラフィックが今ひとつなのが不満所。

武成王:朝歌の武成王府に行くとイベント発生後仲間になってくれる。いつでも気軽に手伝ってくれる軍の重鎮。

黄天化:界牌関のイベントで仲間に。最初から莫邪の宝剣持ち。可もなく不可もなく格好いい。小枝をくわえてなくてほっとしました。

序章〜やっちまった〜


……これは何でしょうか。


……これも何でしょうか。


……これ…も……。







仙界伝 封神演義 WS 【ワンダースワン】

バンダイ

唐突ですが私、生まれて初めてプレイしたゲーム機はDSlightです。
プレステもゲームボーイもドリームキャストもセガサターンも縁のない人生を送ってきた私でしたが、どうぶつの森をやりたくなって給料と相談の上購入したのです。
……今回は給料との相談はいりませんでしたが、中古屋のレジに持っていくのは、初めてエロ同人誌を買った時のように恥ずかしかった……。
鳩野さんのゲーム歴
その1:DSlight
その2:ワンダースワン。

まあ、一番ゲームの中で評判がよかったというか、それ以外があんまりにもあんまりだという説もあるのがアレなとこですが、
仙界伝弐は楊ゼンと伏羲の「ケリ」の話が出るとか聞いちゃったから…!!
あの最後の会話を置き去りにし続けることができるスースではないと思うんだよ実際!もちろん藤竜のつむぐ物語からは離れてしまっているんだけども、一応公式の一端には違いないのでどうなってるのか気になってしにそうです。でもいざ蓋を開けて見て、ケリのつけ方が許容できなかったら蓋をしておきます。
でもその辺りの云々があるのは弐だからなー。
どうせなら壱からプレイしないといかんかな…と思ってあわせて購入してみたものの、攻略サイトなんぞを見てみても、仙界伝弐と比べて無印仙界伝についてのものは圧倒的に数が少ないです。
早まったですかね…。
ソフトは300円だったからいいけどな……!☆

そういうわけでWS仙界伝とは、燃燈のカオをしたオリキャラ主人公が、崑侖山にひっそりとしつらえられたダンジョン「元始洞」の攻略を進めつつ、封神台の作成に必要な宝貝を集めたり、原作キャラと面識をつくって仲良くなったり原作の展開にむやみに絡んだりというゲームで、元始洞をある程度攻略した時点で物語が進んで封神計画がスタートする。
オリキャラは元始天尊の二番弟子、つまりは太公望の弟弟子ということなので立場的には奴も結構な幹部なわけですが、彼が十二仙とタメ口だとなんか微妙な気分になるのはどうしてなのか……。
ここでWS仙界伝主人公がすごく好きな人におかれましてはこのカテゴリから離脱を推奨。
いやまあでもキャラ的には王道も極まりなく、冒険モノに一人はいる威勢のいい癖のない人格の少年なので、オリジナル主人公としては妥当な落としどころではある。
素性にはなんか秘密があるらしいがまだ解いていません。

その他原作キャラのグラフィックは藤崎絵に忠実、話も(「TVアニメ仙界伝より」と銘打たれているにも関わらず)時系列を真剣に考えさえしなければ結構原作藤崎封神に忠実で、原作キャラの口調も概ね違和感なくカワイイ。
そういうわけで主人公は狂言回しと思ってプレイ中であります。
次回からプレイ感想。
1