改装したり移転したりしました

というわけで春ぐらいからずっとちまちまやってたんですが、ようやく!!!サイト改装&移転しました。

スマホから見やすくなったりしたはずの改装先はこちらです。

というか実はもうずっと形はできてたんですがタイミングを逃してて、結局先日の夏コミでペーパーで告知して公開しました。
最後の一人になろうとも、私は、自サイトで同人活動をやり続ける……。

小説はまだ移植途上です。いや、これ全部やろうとしてたらいつまでたっても公開できないなって思って。
しばらく一日一作ぐらいのペースで移行予定。
Twitterとかで都度告知するので、うちの話全部読んだことあるって方もこれを機に読み返したりしてみておくれ。
旧サイトは一年以上更新できてなくて(環境の問題で)、その間ピクトブランドに投げっぱなしだった新規作とかもあったような気がするので掘り起こしてみま…す…。



全く関係ないどうでもいい話をします
私、軍師様って呼称死ぬほど好きなんですけど、これめちゃくちゃ捏造なんですよね
原作ではそう呼ばれてるシーンて別にないので…軍師としか呼ばれてないので…。
で、前同好の士の人から

「『軍師様』って萌えるけどほんとは間違いですよね?社長様、部長様と同じで」

って言われたことあって、その発想自体には目からウロコだったんですが、正確に言えば特に文法上は間違いではないですね。多分。
役職、官職っていうのは基本敬称を含んでいるわけで、そこに「様」とか「さん」とかつけると二重敬称になるからアウトなわけですよ。
正直中国の職位を日本の文法で考えるのもややアレな感じがあるんですが、たとえば「武成王」は官職の名前なので、武成王様、とは言わない。
でも軍師、は官職じゃないですね。
だって「太公望軍師」とは作中誰も言ってないですから。
じゃあ何かっていうと、多分あれは職業名です。いや、違和感はわかるんですが、官職としては一般名称すぎる。あと結構昔の中国には普通に軍師いる。(実は20世紀に入ってからもいる)
だからイメージ的には、「弁護士先生」とかが近いんじゃないでしょうか。
この手の微妙な話になると自分の中のオタク分が大喜びしはじめるので手綱をとることに緊張しちゃうんですが、多分それまで一地方都市であった西岐に軍師に相当する役職はなかったんじゃないかなあー。

まあこれで行くと「太師様」はなんやねん、って話になりますが、多分あれは間違いです。
天化とか楊ゼンが「聞太師」って呼んでるんで、あれは敬称になるんだと思うし。

(そもそも将軍じゃない参謀じゃない軍師ってなんなのかっていうと、それはやっぱちょっと巫師的なものなんですよね。伝統的に。でもこの「伝統」ってのがそもそも太公望呂尚を礎にしているのでアレ……)

オフライン情報更新&最近の在庫につきまして+追記

更新しました。

まず、夏コミスペースいただけました!

土曜日東W19b

です。
ありがとうございます。新刊もなんか出せるようにやっていければいいなあ。
しかし最近本当にまとまった文章を書く時間を全部アニメだの外伝だのの思考整理のために投入しているので精神的に全然余裕がない。アニメはまあひどかったけど(私の中で過去形)外伝は普通に発狂ものの面白さだったし、今はもう祭りが終わったことに茫然自失しているような有様で、今こんなんでどうなるんだろう私……。
はー。
あの人さー。

誰も聞いてないのを確認してから、「会えて嬉しかった」って言うのやめてくんない……。

ほんともう……。
そういうとこだよ!??

なんかもうすっごい面白かったのにすっごい辛いんですよ、神農様は確かに止めてくれたけど結局問題を先送りにしただけで太公望のあの姿勢は何も変わってないからなんの解決にもなってないって言うか、あーーーわかってるよ!フジリューがそういう種類の話を絶対しないことなんてそりゃわかってたつもりだけどさあ!!!!!!!!あああ!!
という気持ちと、
ああ太公望が生きている
ということの純粋な歓喜で心が引き裂かれそう。
すみません落ち着きます。更新履歴の記事だったこれ。

そんなわけで夏コミはお待ちしております。
あとオフラインページについては、既刊本の中で完売しました下記の本を「通販可能一覧」から削除いたしました。
「忘却少女論」
「茉莉花通信」
「Petit APE 轍に咲く花/木下闇の淵」
あたりです。ありがとうございました!
あと本編のほうの「APE」ですが、3冊通して在庫結構少なくなっております。
今のところ再版の予定はないため、気になる方はお早めにどうぞ〜〜〜〜。

追記。
この記事をupしまして寝る前にふと確認したところ、「APE」在庫なくなってました……。
完売です。あわわ、ありがとうございました!!!

オフライン情報更新と超仙人万来前の在庫状況について【続報】

そういうわけで、オフライン情報を更新しました。

超仙人万来2018、スペースNo.東7ぎ−42bです。

42aが楢葉さんで、ほぼ合同サークルだよ。
例の素晴らしい執筆陣の皆さんによります素晴らしいアンソロジーの入稿も終わりまして、あとは何か天変地異とかが起こらない限りは間違いなく出ます!
私もうーんせっかくだし再録しようかなあなどとうごうごしていたが、結局書き下ろしになりました。
8頁、6000字ぐらいの小説です。
なんかスライム責めとかです……。いやスライムとは書いてないんですけど。
周兵もいるよ。

個人誌はまだ謎に包まれています。
なんですかね、ずーっと出したいって言ってる楊戩発情期話の「カズイスチカ」か、楊太前提モブ太前提楊太で軍師様ががひたすらひどいめにあう小説「知らない名の鳥」あたりを出したいけどどうだろう。(それは今考える事なのか)
どっちも無理だったら、以前の楊太コピー本交換会で出した「花篝」と、古道さんに去年の夏、限定コピー本として謹呈いたしました太乙+太公望がなぜかソ連ぽい国にいる話、「ペテロの恩寵」を再録して、あと多分短い話を書き下ろしにして出します。なんてまとまりのない……。
まあ、少なくともにょすファイナルは夏か秋に回す予定なのでそれ以外になります。
にょすも長かったねえ……。実はラストの内容が一番最初のころに出来てたんだぜ……。
(そんなこと言ったらAPEだって、最初は後編の内容だけを書くつもりだったんだけど)

APEといえば、在庫状況について。
なんか前回「BOTTLES」以外は余裕とか言っておりましたが、気付いたら
「APESpecialEdition スピカ」が頒布終了いたしました……あれー?
こちらの再版の予定は今のところございません。
また「APE」本編につきましても、現在の在庫がなくなり次第の終了とさせていただきます。
てか、本編がなかなか終わらなかったせいで、前編とかちまちまちまちま四回も刷ってますからね……。さすがにもういいだろう……。(スペース死ぬほど圧迫してるから!)
アニメ化のあおりなのかなんなのかさすがにちょっと減り方が激しいので、気になる方はお早目に。
たくさんの人に大好きと言っていただいたお話でもあります。
お読みいただいた皆様、本当にありがとうございました。

*重ねてのお知らせ*
BOTTLES」も結構本当に薄くなって来たので、オンリー前に在庫が尽きる可能性がめっちゃ高くなっております。
こちらは再版予定ですが印刷所さんが空前絶後の忙しさらしく、「超仙人万来2018」には間に合いません。ご希望の方がいらっしゃった場合、予約していただいた上で五月末ごろの発送となる予定です。
ご理解のほど、何卒よろしくお願いいたします。