台湾版が!!!!!!!!!!!



揃いました!!!!!!!!!!!!!!!


BOX、本当にすごくて、伏羲たまのフルールドリスのボタンあるじゃない?全部きっちり「そこに」箔押しされてるという狂気の仕様だよ


写真だと箔押しの輝きがわからないのが悔やまれる。


いやこれ、揃うと、本当に実物めちゃくちゃ美しい。
うっうっこれで台湾での苦労も浄化されたよ……
巨大書店「誠品書店」で拙い英語で「これの一巻はありませんか?」と女性の店員さんに話しかけて、流暢な日本語で「もう随分古い漫画ですから……」と優しく言われたり台湾の理科大みたいなところの裏にある台湾のとらのあなみたいな場所に駅から15分かけて歩いて行って男性の店員さんにiPhoneの画面見せて「這个还有嗎?」と聞いて「没有(ない)」とちょっとした笑い声と共に言下に切り捨てられたり紀伊国屋台北店に行くためだけに普段女ひとりでは滅多に乗らないタクシーに乗ったり台湾の古本屋街をむやみにさまよったりまずないことをわかってるのに再入荷を期待して最終日にもう一度アニメイト行ったり……色々あったよね……。

まあ結局日本から全部通販できたわけだけど。
これだけでも「アニメ化」という事実については肯定してあまりある。
(当然これはアニメ自体を肯定するのとは、全く違う話であります)


台湾ファン向けフジリューのサイン入り複製色紙。


なお台湾にはよくある(らしい)分割セットBOXなので、今回出た第三弾の装丁伏羲だろうとは信じてたけど発表までは少し不安だった。
というか妲己、普賢、伏羲のチョイスの理由がまじで滅茶苦茶気になって仕方がない。ただし少なくともフジリュー版を熟読したファンがやったんだろうなというのはわかるので全く問題はない。(一般的に中国語圏で封神っつって最初に来るのはナタクと楊ゼンだと思うので……)

BOX自体の作りはさすがに日本ほどきっちりはしてないかな。
まあ海を越えてきてるので、若干よれてるってのもあると思うけども。

台湾企業「讀冊生活」からの通販の方法はこちらも参照。
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL