小説読みました&メッセージお返事

遅くなりましたがスピンオフ小説読みました。いや発売日に2冊買ってたんですけども。(なお横で楢葉とかいう人は5冊買ってました)(お、応募券が……)
とにかく表紙が、表紙がぁああぁぁぁああああ
あの絵だいぶ刺してきたよね!!!!!!!!!!!!!!!!!!!?
イラスト自体はまだ外伝の連載中にレーベルのツイッターで発表されてたじゃないですか
あの明るいお祭り外伝で太公望が全面的にアホやってる楽しさにどっぷり浸かってたところに、あの昏い瞳の伏羲がどかんと降ってきて、私当時は落差にしんでました。
まあ最終的には外伝でも死ぬことになるのは先に書いた記事の通りですけど。
藤崎神の手による新しい伏羲様が見られる2018年てなんなん。
うう……。
エロさと神々しさと緊張感の完璧な融合……。

中身も作者の方が、ちゃんと封神のことを考えて書いてくださったという感じで嬉しかったですね。
最近何も考えずにつくったとしか思えないものに触れすぎていたので……やめようこんな話は較べるのも失礼だ。
コアなファンしか読まないような気がするので、原作をなぞる部分はもう少し減らしても良かったような気もするが。
趙公明の話、この、人ではない(特に哺乳類でも動物でもない)ものをルーツにする妖怪がどのようにこの世界を捉えているのかという描写は圧巻。SF畑の人だというのはこの辺に出ているのかもしれない。あとほんと貴族の主観だけで展開されていく話めちゃくちゃ面白い。自分の都合の良いようにしか世界を見ないぞ!さすが劉環を召使いに持つだけのことはある。お前元始大好きやねんな……。
逆にキャラ同士の過去話は、ちょっと私はうーんって感じで読んだところもあるんですけれども。
CPとかでなく聞仲は飛虎に、太公望は普賢に敵わないとゆう関係性だと思ってたんで……実際仙界大戦でも絶対相手の言うこと聞かないで意志を通したのが飛虎と普賢だから……。
小説の飛虎、あんまり兄貴風吹かせてない。
しかし藤崎竜本人でもないのに普賢の口から仙界大戦のことを語らせようなんて考えるだけで絶対勇者なので、逆にすごい気がするのもある。
全体的には楽しかった。
教主業やってる楊ゼンが見れたしな!!
とりあえず19日に外伝コミックス出たらハガキ買ってきて、精進潔斎した上で百度参りをしつつ複製原画応募しないと。(原稿は?)



以下は先日メルフォからメッセージをくださった方へのお返事です。
Kzwさま

こんにちは、鳩野まるみです。
「APE」前中後編をお手に取っていただいて、本当にありがとうございます。
通販でお買い求めいただいたとのことで、煩雑な手続きを経てお読みくださったのだなあと思います。嬉しいです!
もともと私はサイトにいるのが本分のような気がしていて、しかも「APE」はエロでもなんでもないので、あの本自体が結構偶然の産物という感じです。
しかも私にしては慣れないぐらい長い分量を書いて力不足を痛感するようなところもありましたが、でもあれで私の中の楊太をひとつどこかにたどり着かせられたような気がしていたので、好きと言っていただけてとてもありがたいです。
何度もありがとうございますと言っていただいてしまいましたが、私にしてみればKzwさんのように読んでいただいている人の存在が何よりありがたいですし、お言葉を伝えていただいたことはもっともっと嬉しいです。
(ずっと見ていただいてるということはまさか十年ぐらい……!?)
私は未熟者ですし、尊敬していただくほどの何もなくだらーんと生きて楊太を書いているというだけの生き物ですが、それでもそんな風に言っていただけるとちょっと身が引き締まる気がしますね……。ビチビチ……。

ところで、
>いずれほかの本も自家通販のほうから購入させてください。
とのことなのですが、今ちょっと既刊の在庫がどんどん減っておりまして、来年を目処にイベント参加には区切りをつけようかなという気持ちもあり、あまり再版を考えておりません。(再録第二弾は出すかもしれませんが……)
ですが、もしKzwさんさえよければお取り置きもしますので、いつでもご連絡ください!
できることなら好きと言ってくださる方にできるだけ行き渡らせたいなあというのが私の願いです。
でもたとえお取り置きが必要なくとも、お気軽にまた声をかけてやってくださいね。
メッセージありがとうございました!
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL