封神演義外伝コミックス雑感&連載時感想一覧

コミックス発売おめでとうございます
連載時の感想は以下の通りです。

第一話前座
第一話
第二話
第三話
第三話+α
第四話
第五話
第六話
第七話
第七話+α

第一話、第三話、第七話はそれぞれ結局各2個のエントリになっており、当時の自分の混乱が伺い知れます(まるで今は混乱していないかのような口ぶり)。
笑って見ていただければ幸い。

コミックスはYJ仕様のA5判。これのために帰国した。
やっぱり絵が大きいと嬉しいなあ!
巻末カラーページはもちろん美しかったが、画集と完全版の再版はもうないからこれでなんとか、という声が聞こえたような気がして不安になった。ちょっと待って……。

そしてまとめて読むと外伝、ほんと何を言えばいいのかわからないな。纏っている「気」が強すぎて総括できない。
一話につきエントリを一つないし二つも書かせる漫画っていうのがちょっともう、私にとってはありえないですもんん。
あー……
断崖絶壁がね、あった、あったんだよ……



キャラガイドの文章は外部委託だと思うので、個人的に太公望の形容で「熱い正義漢」とかはちょっとびびって目玉落っことしたりしましたが、細かい丁寧な仕事が読み物を面白くしてると思いました。呂岳(初戦時)の手下たちの名前ちゃんと全員拾ってたりとか、
あと封神キャラの顔コレクション、みたいな感じがして、血縁者を寄せて描くフジリューの筆致を改めて楽しむことができる。
殷郊も殷洪もやっぱり結構父母の要素を両方引き継いでるなあとか。
そういえば哪吒と李靖も血の繋がりはないんだけど、ムスっとした表情の雰囲気は似てると思うの。
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL