ざっくり青茶

多分これ説明しきれなくて爆死する。
ので可能な限りあっさり説明します。
体感として一番バリエーションに富んでいるのが青茶なんだけど、種類としては本当は緑茶のほうが多いのかな……飲まれてる地域が広いもんな緑茶……。
緑茶は「発酵(酸化)」してないもので、紅茶は「全発酵(酸化)」させたもの。
では青茶は何かというと、青という字は中国語では「黒ずんだ緑」をさしますね。
要するに緑茶と紅茶の中間、「発酵させかけた段階で止めた」ものを全部青茶と呼ぶ。この発酵が1割でも9割でもそうです。
なんで同じ青茶でも、最近流行の発酵が浅い「安渓鉄観音」と、かの有名な東方美人こと「白毫烏龍茶」では、色から味からラムネとコーラぐらい違う。
前者は緑茶の雰囲気を残した清冽さ、後者には紅茶に近い華やかさがあります。
あー、中国茶の中では別格的に日本で有名な「サントリー烏龍茶」も青茶ね。
あれ、日本ではほかのメーカーの烏龍茶飲むと「なんか全然違う」「変な味」って思われたりしたことないですか。私はあります。あの、にっぽんの烏龍とかやばくない?なんでああなったん?あれでイケると誰が思ったん?(話がずれる)まあそれって結局、「烏龍茶」という名前のものが「青茶」と同じぐらい多種多様な茶として展開されてるからですが、一応「烏龍茶」は「青茶」の中に含まれます。定義としては福建省発・今は台湾あたりでよくつくられてる黒ずんだ半発酵茶、ぐらい。
あ、あと、鉄観音と烏龍茶は品種から違います!って話もありますが、私はもう別に分けなくてもいい派ですね。元々は確かに茶樹の品種が違ったりしたわけですが、交配が進みまくってあまり意味がない話になってきている気がします。過去は過去で銘茶と言われる遥か昔に植えられたような現役茶木って、もう種の同定すら危うかったりするらしいし……。
さて日本で青茶をざっくりつかみたいならとりあえず下記の五種を飲んでみて、同じ青茶に分類されるものたちのギャップに打ち震えるところから始めたいところ。

白毫烏龍茶(東方美人)
武威岩茶
鳳凰単叢
金宣茶
梨山烏龍茶

個人的に上から

楊ゼン、
太乙、
妲己、
喜媚、
太公望

って感じ。
それぞれのキーワードは、主張が強い、別の方向から主張が強い、魅惑の香り、狂気のような天然の甘さ、魅入られるような淡さ。あ、楊ゼンは原作後半〜教主なってからは翠峰茶でオナシャス!
もうこれは飲んでみていただくのが一番なので、あまりぐだぐだ書くのはやめておきます。
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL