石垣島などに行ってきた2019【その2】

二日目 拒まれる大地

 

翌日は早起きして今度こそ石垣島へ向かおうと空港へ。
空港への道は不慣れなナビ(私)と道に不慣れなドライバー(沖バナさん)のせいで何回か間違えたけど着いた!

そしたら十分ぐらい前に搭乗口ついたと思ったのに搭乗口のナンバー二人とも間違えて見てて、完全に逆方向で出発間際にめっちゃ歩いたりした。

 

なんかなあ…。うちら多分、微妙にお互いを信頼しすぎやねんなあ……。(深刻な顔)
(どっちも東京行きとか台湾行きで、飛行機にはマジで慣れているはずなのだが……)

 

まあでもバニラエアのかわいい飛行機に無事に乗り、一時間ぐらいで海の真ん中の小さな空港に着く。この日は予報通り曇りだったが、まだ暖かく日が差す時間帯もあった。
石垣島の市街地の中心は、空港からはバスで三十分ほどかかる。
というか私たちこのバスの車窓で、思っていたより石垣島が大きかったことを知ったよね……。
「うおっモスバーガーがある!」
「おおおヴィレッジヴァンガードだ!まさか石垣島にあるなんて!」
石垣島の皆様大変申し訳ございません。
しかしここのヴィレッジヴァンガードは路面店であり、なんか新鮮。

できれば博物館は今日行きたいねーと話し、閉館時間を確認して、ホテルにチェックインして荷物を置いて外に出ました。この時二時前くらい。あちこち商店街のお店を見て回ったけど、ランチを終えて一時閉店してしまった店が多かったため、結局八重山市場の上の食堂に入ることにしたがこれがおいしかったですね。

 

八重山そばとふーちゃんぷるー

 

どうでもいいけど私はものすごくふーちゃんぷるーが好き。
ちゃんぷるーも好きだし麩も好きなので私の好きな要素しかないっていうか、
「これなら太公望も食べられるんだよねー」
「だよねー」
うん。
食べてからタクシーをつかまえて、タクシーの運転手さんに勧められるままに川平湾へ。
ミシュランで☆5だとかいうが、フランス人に評価してもらうにも及ばないぐらい美しい。
川平湾の白い砂浜をたくさん歩いた。楽しかったなー。グラスボートにも乗りました。
あと、沖バナさんが
「鳩野さんにカニを見せるよ!」
って言ってがんばって白い砂を掘ってカニを捕まえようとしてくれてたところ、岩に頭をぶつけるなどのことが起こるなどする……。(かわいそう)
カニは結局いなかったけど、教えてもらってヤドカリとかシャコガイ(岩の合間にぴたっと嵌ってる。すごい)とか見られました。エモい〜〜〜〜〜。

帰りのタクシーの運転手さんにはフルーツジュースの生絞りのお店を教えていただき、せっかくなので連れて行ってもらった。ジュース大好き人間なので大変嬉しかったです。行きの運転手さんには山の名前やサトウキビ工場のことを教えてもらい、帰りの運転手さんは花ガイドが本職なんだよーと言って花の名前をたくさん教えてもらいました。
沖縄のタクシードライバーはみんな話が面白いと岸政彦が書いてたけどまじだなあ。
(十二年前にはじめて一人で沖縄に来て城めぐりをしたときにお世話になったタクシー運ちゃんもすごく面白かった)
そしてタクシーでホテルまで帰ってきて、さーて博物館を見に行こう、と降車しようとした時!
「さ、財布がないよ!?」
「エッエエエエー!?」
なんと沖バナさん、財布を忘れるの巻。
十分ぐらい探しまくった上タクシーの運転手さんが寄ったお店に電話してくれた結果、そこで預かっていてくれていることが判明した……。
だがここまでまた往復したら1時間ぐらい。この後の予定をつぶすしかないのかと悲壮な気持ちでいたら、
「あっ僕取りに行ってきますよ!大丈夫だいじょーぶ」
タクシーの運転手さんがまさかの大サービス。
普通それ、私達がタクシーで戻って取りに行って、その分の料金払うところじゃない!?ええええー!
「いいですよー九時ぐらいにホテルに届けますね!」
良い人過ぎて浄化された……。
めちゃくちゃ頭を下げて別れ、ぼんやりと石垣港へ歩く。
しかしこの騒動で八重山博物館の閉館時間に間に合わなくなったため、結局まだ太公望に会えてない。

 

「あれだよ、多分。もうこれ、太公望に拒まれてる……」

なんだあやつら!来るな!みたいなね」

「そりゃ会いたくないよね……」

多分会いたくない連中12を争う感じだと思う。

(ごめん師叔……)

 

さて、夜はナイトサファリのホタルツアーへ。
今年は寒くてまだあまり見られないと聞いていたが、十分すぎるほど飛んでました!
このときに見ることができたのはヤエヤマヒメボタル。
飛翔力が非常に弱い(雌は飛べない)ということなんですが、マジでその飛び方が
「よちよち…よちよち…」
という感じでなんかかわいい。ゲンジボタルみたいに水の上を滑るようにすーっ、すーっ、と行くわけではない。
あとムササビも見られたし、フクロウの声も聴けて楽しかった。
この時間は結構曇っていて、星空ガイドは受けられませんでした。

 

ホテルに戻るとフロントさんに声をかけられ、なんか分厚い厳重な包みが手渡されてきた。
おや?と思ったら、約束の時間より前なのに、先程の財布を運転手さんが取ってきて預けてくれていたのだった。

「エッエエエエエエエエエエエエエエエー!?」

その分のタクシー代かせめて菓子折りぐらい渡そうと思っていたのに、完全に機先を制された格好である。

なに!?ステルス親切の島なの!?

沖バナさんと二人で人のあたたかさに泣く。

本当にありがとうございました。名刺もらったし、次行ったら絶対指名して呼んでもらう……。

 

 

晩ごはんはやきにくをたべました。ホテルフロントおすすめの「金牛」おいしかった。(石垣島は牛肉も名産でそこら中に牛がいる。金門島を思い出す)

このお店から沖バナさんはドライバーさんに電話してお礼を言ってた

 

輝くような川平湾

 

川平ファーム どちらかがパッションフルーツジュースでどちらかがマンゴージュース。

パッションフルーツジュースはじめてのんだけどめちゃくちゃうまいな。隣はファームの敷地に咲いていた野生の蘭

 

 

永遠が落ちている路地裏

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL