改装したり移転したりしました

というわけで春ぐらいからずっとちまちまやってたんですが、ようやく!!!サイト改装&移転しました。

スマホから見やすくなったりしたはずの改装先はこちらです。

というか実はもうずっと形はできてたんですがタイミングを逃してて、結局先日の夏コミでペーパーで告知して公開しました。
最後の一人になろうとも、私は、自サイトで同人活動をやり続ける……。

小説はまだ移植途上です。いや、これ全部やろうとしてたらいつまでたっても公開できないなって思って。
しばらく一日一作ぐらいのペースで移行予定。
Twitterとかで都度告知するので、うちの話全部読んだことあるって方もこれを機に読み返したりしてみておくれ。
旧サイトは一年以上更新できてなくて(環境の問題で)、その間ピクトブランドに投げっぱなしだった新規作とかもあったような気がするので掘り起こしてみま…す…。



全く関係ないどうでもいい話をします
私、軍師様って呼称死ぬほど好きなんですけど、これめちゃくちゃ捏造なんですよね
原作ではそう呼ばれてるシーンて別にないので…軍師としか呼ばれてないので…。
で、前同好の士の人から

「『軍師様』って萌えるけどほんとは間違いですよね?社長様、部長様と同じで」

って言われたことあって、その発想自体には目からウロコだったんですが、正確に言えば特に文法上は間違いではないですね。多分。
役職、官職っていうのは基本敬称を含んでいるわけで、そこに「様」とか「さん」とかつけると二重敬称になるからアウトなわけですよ。
正直中国の職位を日本の文法で考えるのもややアレな感じがあるんですが、たとえば「武成王」は官職の名前なので、武成王様、とは言わない。
でも軍師、は官職じゃないですね。
だって「太公望軍師」とは作中誰も言ってないですから。
じゃあ何かっていうと、多分あれは職業名です。いや、違和感はわかるんですが、官職としては一般名称すぎる。あと結構昔の中国には普通に軍師いる。(実は20世紀に入ってからもいる)
だからイメージ的には、「弁護士先生」とかが近いんじゃないでしょうか。
この手の微妙な話になると自分の中のオタク分が大喜びしはじめるので手綱をとることに緊張しちゃうんですが、多分それまで一地方都市であった西岐に軍師に相当する役職はなかったんじゃないかなあー。

まあこれで行くと「太師様」はなんやねん、って話になりますが、多分あれは間違いです。
天化とか楊ゼンが「聞太師」って呼んでるんで、あれは敬称になるんだと思うし。

(そもそも将軍じゃない参謀じゃない軍師ってなんなのかっていうと、それはやっぱちょっと巫師的なものなんですよね。伝統的に。でもこの「伝統」ってのがそもそも太公望呂尚を礎にしているのでアレ……)
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL